ROTE JAPAN LYTE FF 2|実際に履いて本気で評価してみた。

ROTE JAPAN LYTE FF 2 画像
ナカ
この記事を書いた人(当Webサイト運営者)
バレーボール歴十数年。これまで実際に練習・試合で履いてきたバレーボールシューズの数は約10足。バレーボールシューズを中心にレビュー、ランキング記事やコラム記事を執筆しています。

今回はアシックスさんから発売されているバレーボールシューズ

『ROTE JAPAN LYTE FF 2』(ローテジャパンライトFF2)

を紹介・レビューしていきます。

目次

アシックス『ROTE JAPAN LYTE FF 2』

ROTE JAPAN LYTE FF 2 画像

アシックスの超定番の軽量バレーボールシューズとして長年展開されている『ローテジャパンライトシリーズ』の最新作『ROTE JAPAN LYTE FF 2』は以下1モデルが展開されています。

  • ROTE JAPAN LYTE FF 2(ローカットモデル、品番:1053A028、足幅:2E相当)

また、カラーは以下8色が展開されています。

  • 009:BLACK/SHOCKING ORANGE(ブラック×ショッキングオレンジ)22.5cm~30.0cm
  • 010:BLACK/SAFETY YELLOW(ブラック×セーフティイエロー)22.5cm~30.0cm
  • 103:WHITE/BLACK(ホワイト×ブラック)22.5cm~30.0cm
  • 104:WHITE/CLASSIC RED(ホワイト×クラシックレッド)22.5cm~30.0cm
  • 105:WHITE/PEACOAT(ホワイト×ピーコート)22.5cm~30.0cm
  • 401:PEACOAT/DIVA PINK(ピーコート×ディーバピンク)22.5cm~30.0cm
  • 601:CLASSIC RED/PURE GOLD(クラシックレッド×ピュアゴールド)22.5cm~30.0cm
  • 750:SAFETY YELLOW/VELVET PINE(セーフティイエロー×ベルベットパイン)22.5cm~30.0cm

その中から今回は『103:WHITE/BLACK』を選択。

ローテジャパンライトシリーズの伝統あるデザインを踏襲し、オーソドックスで安心感のあるデザインに仕上がっています。かかと部分とシュータンホールにある「Japan」刻印も健在。

アッパー部分には通気性向上のためにメッシュ素材がふんだんに使用されています。アシックス公式サイトの商品ページには「部活プレーヤーのために設計された」という文言があったので、おそらくハードな終日練習・試合をこなしても蒸れにくく1日中快適に履けるような設計にしていると思われます。

ミッドソールにはクッション性・反発性向上のために「FLYTEFOAM」「FLYTEFOAM PROPEL」の2種類のクッション材、シューズ裏側中足部には安定性向上のために樹脂パーツ「TWISTRUSS」が採用されています。

ROTE JAPAN LYTE FF 2 重さ画像

重さは実測236g(左片足26.0cm・靴紐あり)。バレーボールシューズの中でもトップクラスの軽さを誇っています。

実際に履いてみた

履く前に『ROTE JAPAN LYTE FF 2』を持ってみたんですが、「何このバレーボールシューズ…?軽すぎない?????」と思わせてくれるような圧倒的な軽さでした。

それもそのはずで、最重量級バレーボールシューズ『SKY ELITE FF 2』の2分の3程度(約68%)の重さしかありませんし、ミズノさんの最軽量級バレーボールシューズ『ロイヤルフェニックス 3』よりも少し軽い重量となっています。


ROTE JAPAN LYTE FF 2 着用イメージ画像

さて、実際に履いてみた感想ですが、

とにかく軽い!ということと、足に結構ピタッとフィットしてくれるシューズだなぁというのが第一印象です。アッパー部がかなりタイトなつくりになっており、それが影響して良好なフィット性を実現できているのだと思います。

シューズを一目見てお分かりになるかと思いますが、アッパー部の大量のメッシュ素材のおかげで非常に高い通気性が実現できているといった印象です。終日のハードな練習・試合をこなしたとしても蒸れによるストレスはほとんどないので、部活生に喜ばれるバレーボールシューズではないかなと思います。

ROTE JAPAN LYTE FF 2 屈曲性・クッション性・反発性画像

前方向への屈曲性とグリップ性が非常に高く、ぎりぎりのプレーでも滑ることなくしっかりと床をとらえて動くことができそうです。加えて、反発性も高めですしなにより圧倒的な軽さがあるので非常に動きやすいバレーボールシューズに仕上がっています。

軽さを追求したバレーボールシューズはクッション性や左右への安定性に欠ける傾向がありますが、『ROTE JAPAN LYTE FF 2』はクッション性・左右への安定性ともに必要十分な性能が備わっており、激しい動きやハードジャンプにも適応することができるので、軽いバレーボールシューズが好みなバレーボーラーすべてにおすすめしたいオールラウンドなバレーボールシューズといえるでしょう。


『ROTE JAPAN LYTE FF 2』のテーマとして、「軽量性と反発性の両立の追求」「素早い反応を追求」「部活プレーヤーのために設計」などのテーマが掲げられていますが、そういったテーマから逸脱せず必要な性能を高いレベルで実現がされていました。特に軽さ、屈曲性、グリップ性は一級品であり、反発性も高いのでとにかく動きやすい。加えて、通気性についても非常に高いのでまさに部活プレーヤーにぴったりな作りに仕上がっています。また、軽量級バレーボールシューズで欠点となりがちなクッション性や安定性についても必要十分なレベルを満たしており、欠点らしい欠点が特段見当たりませんでした。

軽量級バレーボールシューズにおいて最高レベルの仕上がりになっており、総合評価は星5(★★★★★)をつけさせていただきます。自信をもっておすすめできる素晴らしいバレーボールシューズです。

まとめ:圧倒的に軽く、最高に動きやすいバレーボールシューズ

『ROTE JAPAN LYTE FF 2』の総評としては、

とにかく動きやすくて圧倒的に軽いバレーボールシューズです。

軽めのバレーボールシューズが好きだという人や、オールラウンダー向けのバレーボールシューズを探している人に自信をもっておすすめしたいバレーボールシューズです。


履き心地

■■■□□(3/5:普通)

フィット性

■■■■□(4/5:ややフィットする)

通気性

■■■■■(5/5:とても蒸れにくい)

グリップ性

■■■■■(5/5:とても滑りにくい)

クッション性

■■■□□(3/5:普通)

反発性

■■■■□(4/5:やや反発する)

安定性

■■■□□(3/5:普通)

屈曲性

■■■■■(5/5:とても曲げやすい)

軽さ

■■■■■(5/5:とても軽い)

価格
※メーカーカタログ値

■■□□□(2/5:やや高い)

総合評価:★★★★★(5/5点)

ROTE JAPAN LYTE FF 2 画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次