ウエーブライトニング NEO 2 vs ウエーブライトニング NEO|本気で比較評価してみた。

ウエーブライトニング NEO 2 vs ウエーブライトニング NEO バレーボールシューズ比較評価レビュー
ナカ
この記事を書いた人(当Webサイト運営者)
バレーボール歴十数年。これまで実際に練習・試合で履いてきたバレーボールシューズの数は約10足。バレーボールシューズを中心にレビュー、ランキング記事やコラム記事を執筆しています。

今回はバレーボールシューズの

ミズノ『ウエーブライトニング NEO 2』と、ミズノ『ウエーブライトニング NEO

を実際に履いたうえで詳しく比較評価していきます。

目次

ウエーブライトニング NEO 2 vs ウエーブライトニング NEO|レビュー評価項目比較

ウエーブライトニング NEO 2ウエーブライトニング NEO
履き心地■■■■□
4/5:やや良い
■■■□□
3/5:好みが分かれる
フィット性■■■□□
3/5:普通
■■■■■
5/5:とてもフィットする
通気性■■□□□
2/5:やや蒸れる
■□□□□
1/5:とても蒸れる
グリップ性■■■■□
4/5:やや滑りにくい
■■■■□
4/5:やや滑りにくい
クッション性■■■■□
4/5:ややクッション性がある
■■■■□
4/5:ややクッション性がある
反発性■■■■■
5/5:とても反発する
■■■■■
5/5:とても反発する
安定性■■□□□
2/5:ややブレやすい
■■■■■
5/5:とてもブレにくい
屈曲性■■■■□
4/5:やや曲げやすい
■■■■□
4/5:やや曲げやすい
重さ■■■□□
3/5:普通
■■■□□
3/5:普通
価格
※メーカーカタログ値
■□□□□
1/5:とても高い
※当サイト価格基準B
■□□□□
1/5:とても高い
総合評価★★★☆☆(3/5点)★★★★☆(4/5点)

ウエーブライトニング NEO 2 vs ウエーブライトニング NEO|デザイン比較

ウエーブライトニング NEO 2 vs ウエーブライトニング NEO|比較解説

実際に履き比べてみて感じたざっくりとした印象

ウエーブライトニング NEO』→『ウエーブライトニング NEO 2』への変更にあたって機能面で変更された主な点は、ハイカット→ローカットへの変更、アウトサイドシューレースホルダーが0か所→3か所への変更、アッパー部がより全面的にニット素材への変更、「マイルドクッションインソール」→「MIZUNO ENERZYインソール」への変更といった点です。

『ウエーブライトニング NEO 2』と『ウエーブライトニング NEO』を実際に履き比べてみて特に強く感じた違いが、フィット性・安定性の違いです。

『ウエーブライトニング NEO 2』はシューズにややグラつきを感じ、タイトさは少なくて前足部はやや幅広感がありました。おそらく、アッパーに全面的に採用されたニット素材の影響でシューズが全体的に柔らかく強度が低くなったからだと思います。クセの強いバレーボールシューズだなあといったところです。

一方、『ウエーブライトニング NEO』はしっかりとしたフィット性・安定性がありつつもハイカットクラスにしては意外と動きやすい印象があります。ローカット部分のアッパーがおそらく『ウエーブライトニング Z6』ベースに設計されてそれに追加する形でミドル・ハイカット部分のアッパーにニット素材を持ってきており、やや分離感こそ感じますがそれらがちょうど良く嚙み合って、非常に高いフィット性・安定性を実現しつつもハイカットクラスにしては意外と動きやすいバレーボールシューズに仕上がっているといったところです。

また、『ウエーブライトニング NEO 2』『ウエーブライトニング NEO』ともに、アッパーと靴べろ部が一体となった構造を採用していますし、アッパーにニット素材を割合こそ違えど採用している影響か比較的柔らかな履き心地となっています。ですが、使用する方によっては履きづらさを感じるかもしれません。特にハイカットクラスということもあってか『ウエーブライトニング NEO』はかなり履きにくいです。履いていくうちに徐々に慣れてくるでしょうが好みが分かれそうです。また、『ウエーブライトニング NEO 2』はやや蒸れやすく、『ウエーブライトニング NEO』はハイカットクラスということもありかなり蒸れやすいような印象です。(個人的にはこの点においてもニット素材がやや影響しているように感じました)。

それ以外の項目については似た印象です。なお、価格については両方ともとても高い価格帯で展開されているものの物価高の影響でしょうか、『ウエーブライトニング NEO 2』は『ウエーブライトニング NEO』よりもメーカーカタログ値において若干の値上げが見られました。

ウエーブライトニング NEO 2は足幅2E相当のみ
ウエーブライトニング NEOは足幅2E相当のみ

ウエーブライトニング NEO 2とウエーブライトニング NEOの個別詳細レビューは以下の記事よりご確認ください ↓

まとめ

レビュー評価項目の平均ポイントと総合評価を比較すると以下の通りです。

ウエーブライトニング NEO 2

平均ポイント:3.2/5.0ポイント

総合評価:★★★☆☆(3/5点)

ウエーブライトニング NEO

平均ポイント:3.5/5.0ポイント

総合評価:★★★★☆(4/5点)

『ウエーブライトニング NEO 2』はアッパーに全面的に採用されているニット素材の影響でしょうか全体的なシューズの強度が低めで、動きやすいけど安定性にやや欠けるクセの強いバレーボールシューズ『ウエーブライトニング NEO』は履いてさえしまえばハイカットクラスだけど意外と動きやすいバレーボールシューズ

比較してみるとこういった評価となります。ぜひ検討してみてはどうでしょうか。

ウエーブライトニング NEO 2 vs ウエーブライトニング NEO バレーボールシューズ比較評価レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次