2024年6月|軽いバレーボールシューズ比較レビュー

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
軽いバレーボールシューズ比較レビュー 軽量級モデル ROTE JAPAN LYTE FF 3 ロイヤルフェニックス 3 ミズノフライ
ナカ
この記事を書いた人(当Webサイト運営者)
バレーボール歴十数年。これまで実際に練習・試合で履いてきたバレーボールシューズの数は約10足。バレーボールシューズを中心にレビュー、ランキング記事やコラム記事を執筆しています。

当記事では、アシックス・ミズノ・デサントの3つのメーカーにて現在展開中のシリーズ最新モデルにあたる3つの軽いバレーボールシューズ(当サイトでレビュー済かつ「軽量級モデル」(軽くて標準以上の価格帯で展開されているバレーボールシューズ)に分類)、『ROTE JAPAN LYTE FF 3』『ロイヤルフェニックス 3』『ミズノフライ』これらがどういったバレーボールシューズなのか?どういった人におすすめなのか?ということについて解説していきます。

目次

軽いバレーボールシューズの評価ポイント・総合評価

ROTE JAPAN LYTE FF 3ロイヤルフェニックス 3ミズノフライ
メーカーアシックスミズノミズノ
履き心地■■■□□
3/5:普通
■■■□□
3/5:普通
■■■□□
3/5:普通
フィット性■■■■□
4/5:ややフィットする
■■■□□
3/5:普通
■■■■□
4/5:ややフィットする
通気性■■■■□
4/5:やや蒸れにくい
■■■■□
4/5:やや蒸れにくい
■■■□□
3/5:普通
グリップ性■■■■■
5/5:とても滑りにくい
■■■■□
4/5:やや滑りにくい
■■■■■
5/5:とても滑りにくい
クッション性■■■□□
3/5:普通
■■□□□
2/5:あまりクッション性がない
■■□□□
2/5:あまりクッション性がない
反発性■■■■□
4/5:やや反発する
■■■□□
3/5:普通
■■■□□
3/5:普通
安定性■■■□□
3/5:普通
■■□□□
2/5:ややブレやすい
■■■□□
3/5:普通
屈曲性■■■■□
4/5:やや曲げやすい
■■■■■
5/5:とても曲げやすい
■■■■□
4/5:やや曲げやすい
重さ■■■■■
5/5:とても軽い
■■■■■
5/5:とても軽い
■■■■■
5/5:とても軽い
価格
※メーカーカタログ値
■■□□□
2/5:やや高い
※当サイト価格基準B
■■□□□
2/5:やや高い
※当サイト価格基準A
■■■□□
3/5:普通
※当サイト価格基準B
総合評価★★★★★
5/5点
★★★★☆
4/5点
★★★★☆
4/5点

軽いバレーボールシューズ比較レビュー

ROTE JAPAN LYTE FF 3

どういったバレーボールシューズで、どういった人におすすめか
  • 軽さもありつつ高バランス性能でタイトめなバレーボールシューズ
  • 軽さと全体的な性能の両方を追求したい人にぜひおすすめ。軽量級モデルの中では最もオールラウンダーに適応
評価平均ポイント

3.7/5.0ポイント

総合評価

★★★★★(5/5点)

アシックスの『ROTE JAPAN LYTE FF 3』。

重さが26.0cm左片足で実測237g(靴紐あり)とかなり軽く、その他の性能も標準以上となっており非常にバランスが取れたバレーボールシューズです。

基本的に軽量級モデルはクッション性・安定性がやや抑えられがちですが、このシューズはクッション性・安定性ともに標準レベルとなっており、今回紹介している3つの軽いバレーボールシューズの中では全体的な性能が最も高バランスで、最もオールラウンドに幅広く適応できるかと思います。

タイトめなつくりでグリップ性にも非常に優れており、かなり動きやすいバレーボールシューズとしてとてもおすすめです。

展開中の1モデル:足幅2E相当モデル

ロイヤルフェニックス 3

どういったバレーボールシューズで、どういった人におすすめか
  • 軽く独特な動きやすさのあるバレーボールシューズ
  • 独特さに適応できてかつとにかく動きやすさを追求している人におすすめ。特にリベロ向き
評価平均ポイント

3.3/5.0ポイント

総合評価

★★★★☆(4/5点)

ミズノの『ロイヤルフェニックス 3』。

重さが26.0cm左片足で実測239g(靴紐あり)とかなり軽いです。そして屈曲性も非常に優れておりとにかく動きやすいんですが、やや独特のグニグニとした動きやすさになっており、クッション性・安定性がやや抑えられているなどといった理由から、独特の動きやすさに適応できるリベロ向きとしておすすめしたいバレーボールシューズです。

なお、後述する『ミズノフライ』はシリーズ名こそ違いますがおそらくこのシューズの後継モデルに該当していると思われます。

展開中の1モデル:足幅2E相当モデル

ミズノフライ

どういったバレーボールシューズで、どういった人におすすめか
  • とにかく軽いバレーボールシューズ
  • 軽さをとことん追求している人におすすめ。特にリベロ向き
評価平均ポイント

3.5/5.0ポイント

総合評価

★★★★☆(4/5点)

ミズノの『ミズノフライ』。前述した『ロイヤルフェニックス 3』のおそらく後継モデルに該当するかと思われます。

重さが26.0cm左片足で実測230g(靴紐あり)と、今回紹介している3つの軽いバレーボールシューズの中では最も軽いです。

ややタイトめな履き心地でグリップ性にも非常に優れており動きやすいですが、クッション性がやや抑えられている等の理由からリベロ向きとしておすすめしたいバレーボールシューズです。前述した『ロイヤルフェニックス 3』のクセが減って「普通さ」が増している印象です。

展開中の1モデル:足幅2E相当モデル

まとめ:『ROTE JAPAN LYTE FF 3』が最もおすすめ

今回、3つの軽いバレーボールシューズを紹介しました。

その中で個人的評価が最も高いのは『ROTE JAPAN LYTE FF 3』です。軽いバレーボールシューズの中でより幅広く適応することが期待できるでしょう。とてもおすすめです。

バレーボールシューズを検討する際、ぜひ当サイト・当記事を参考にしていただければ幸いです。

軽いバレーボールシューズ比較レビュー 軽量級モデル ROTE JAPAN LYTE FF 3 ロイヤルフェニックス 3 ミズノフライ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次