ROTE JAPAN LYTE FF 3|実際に履いて本気で評価してみた。

ROTE JAPAN LYTE FF 3_画像
ナカ
この記事を書いた人(当Webサイト運営者)
バレーボール歴十数年。これまで実際に練習・試合で履いてきたバレーボールシューズの数は約10足。バレーボールシューズを中心にレビュー、ランキング記事やコラム記事を執筆しています。

今回は、バレーボールシューズの

アシックス『ROTE JAPAN LYTE FF 3』(ローテジャパンライトFF3)

を実際に履いたうえで、紹介・レビューしていきます。

目次

アシックス『ROTE JAPAN LYTE FF 3』

アシックス『ROTE JAPAN LYTE FF 3』は、前作『ROTE JAPAN LYTE FF 2』の後継モデルとして、

  • ROTE JAPAN LYTE FF 3(ローカットモデル、品番:1053A054、足幅:2E相当【STANDARD】)

の1モデルが展開されています。

また、カラー・サイズは、

  • 001:Black/Black(ブラック×ブラック)、22.5cm~30.0cm
  • 100:White/Black(ホワイト×ブラック)、22.5cm~30.0cm
  • 101:White/Peacoat(ホワイト×ピーコート)、22.5cm~30.0cm
  • 102:White/Classic Red(ホワイト×クラシックレッド)、22.5cm~30.0cm

の4通りが展開されています。

今回、私は「100:White/Black」の26.0cmを選択しました。

アッパー部に軽量性と高いサポート性の両方を追求した新しい素材が採用されているとのことで、メッシュ感の強かった前作とは少し雰囲気が変わっています。それ以外の機能は前作と同じと思われますし、デザインも似た感じになっています。

なお、ローテジャパンライトシリーズ伝統の後足部かかと・アウトサイドシューレースホルダーの「Japan」の文字は今作も継続されています。

ミッドソールにクッション性・反発性などに優れたFLYTEFOAMとFLYTEFOAM Propelが組み合わされて採用され、シューズ中足部裏側には安定性向上のためTWISTRUSSが採用されているとのことです。また、アウトソールにはNON-MARKINGの記載があります。これらについても前作と同じです。

ROTE JAPAN LYTE FF 3_重さ画像

重さは実測237g(左片足26.0cm・靴紐あり)。前作(同サイズ・条件計測)とほぼ同じ重量となっており、かなり軽めのバレーボールシューズとして分類されます。

実際に履いてみた

ROTE JAPAN LYTE FF 3_着用画像
実際に履いてみて感じたざっくりとした印象
  • 前作『ROTE JAPAN LYTE FF 2』よりもわずかに硬くペラっとしているが全体的に似た感じ
  • かなり軽くてグリップする
  • オールラウンドに適応できそう(個人的に特にセッター・リベロ)

まず履き心地としては、一般的なレベルです。前作と比較するとアッパー部の素材変更の影響でしょうか、ペラっと感を若干感じました。

フィット性に関してはやや良いです。特に中足部・後足部がタイトなつくりになっていて靴ひもで締め上げるような感覚があります。

アッパー部が薄めかつメッシュっぽい素材部の割合が多いため、通気性はやや良いといったところです。前作と比較するとアッパー部の素材変更の影響でしょうかやや通気性が抑えられたような印象です。

ROTE JAPAN LYTE FF 3_屈曲画像

グリップ性に関しては非常に良いです。コートをしっかりととらえて動くことができそうです。

クッション性に関しては一般的なレベルとなっています。

反発性に関しては、非常に軽いという特性が相まってやや良いといったところです。

安定性に関しては一般的なレベルです。前作と比較すると、シューズが全体的にわずかに硬めで強度もやや向上しているような印象があり、それに伴って安定性もやや向上している(特に外側方向)ように感じましたが、5段階評価には反映されないレベルです。

屈曲性に関してはやや良いです。比較的ストレスなく曲げられるかと思いますが、前作と比較するとアッパー部の素材変更の影響でしょうかシューズの屈曲する部分がほんの少し硬く感じてやや屈曲性が抑えられた印象があります。


全体を通してみれば、とても軽くてグリップする動きやすいバレーボールシューズといった評価となります。軽さとグリップ性が非常に優れていますが、それ以外の性能も全体的に高めかつ比較的バランスがとれているのでオールラウンドに適応できそう個人的には特にセッターとリベロにおすすめしたい)です。非常に良いバレーボールシューズです。

ですが前作と比較すると、個人的には前作のほうがアッパー部の素材が柔らかくてそれによってより高い動きやすさを生み出せていたような印象があり、どちらかといえば前作のほうが好みです。

とはいえ、今作も非常に良いバレーボールシューズなのは間違いありません。「軽くて動きやすいバレーボールシューズを探している」という方はぜひ一度試していただきたいです。

前作と今作を比較すると、今作は2023年の物価高の影響でしょうかメーカーカタログ値において若干の値上げが見られます。性能面では、アッパー部の素材変更の影響でしょうかシューズが全体的にわずかに硬くてペラっと感があり、通気性と屈曲性がやや抑えられている印象です。また、安定性については同様の理由でやや良くなっている印象ですが、5段階評価に反映されない程度となっており前作と同等の評価にとどまります。

以上の点から、総合評価は星5(★★★★★)とさせていただきます。

まとめ:とても軽くてグリップする動きやすいバレーボールシューズ

『ROTE JAPAN LYTE FF 3』の総評としては、

とても軽くてグリップする動きやすいバレーボールシューズ

といった評価です。

軽くて動きやすいバレーボールシューズが好みな方、オールラウンド(特にセッター・リベロ)にとてもおすすめです。


履き心地

■■■□□(3/5:普通)

フィット性

■■■■□(4/5:ややフィットする)

通気性

■■■■□(4/5:やや蒸れにくい)

グリップ性

■■■■■(5/5:とても滑りにくい)

クッション性

■■■□□(3/5:普通)

反発性

■■■■□(4/5:やや反発する)

安定性

■■■□□(3/5:普通)

屈曲性

■■■■□(4/5:やや曲げやすい)

重さ

■■■■■(5/5:とても軽い)

価格
※メーカーカタログ値
※当サイト価格基準B

■■□□□(2/5:やや高い)

総合評価:★★★★★(5/5点)

ROTE JAPAN LYTE FF 3_画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次