ウエーブライトニング Z7|実際に履いて本気で評価してみた。

ウエーブライトニング Z7 アイキャッチ
ナカ
この記事を書いた人(当Webサイト運営者)
バレーボール歴十数年。これまで実際に練習・試合で履いてきたバレーボールシューズの数は約10足。バレーボールシューズを中心にレビュー、ランキング記事やコラム記事を執筆しています。

今回はミズノさんから発売されているバレーボールシューズ

ウエーブライトニング Z7(WAVE LIGHTNING Z7)

を紹介・レビューしていきます。

目次

ミズノ『ウエーブライトニング Z7』

ウエーブライトニング Z7 アイキャッチ

ミズノさんのバレーボールシューズの定番モデルとして長年展開されている「ウエーブライトニングシリーズ」の最新作『ウエーブライトニング Z7』はウイングスパイカー/オールラウンダー向けのバレーボールシューズとして、

  • ウエーブライトニング Z7(ローカットモデル、品番:V1GA2200、足幅:2E相当)
  • ウエーブライトニング Z7 MID(ミドルカットモデル、品番:V1GA2250、足幅:2E相当)

の2モデルが展開されており、今回は通常のローカットモデル『ウエーブライトニング Z7』(品番:V1GA2200)を選択。

『ウエーブライトニング Z7』(品番:V1GA2200)のカラーは、

  • 00:ホワイト×ブルー、22.5cm~31.0cm(リサイクル素材を一部使用とのこと)
  • 01:ブラック×ホワイト、22.5cm~31.0cm
  • 09:ホワイト×ブラック、22.5cm~31.0cm
  • 21:ネイビー×ホワイト×ブルー、22.5cm~31.0cm
  • 25:ホワイト×ネイビー×サックス、22.5cm~26.5cm
  • 47:ブルー×ホワイト×イエロー(ミズノ直営店&公式オンラインショップ限定)、22.5cm~30.0cm
  • 48:ホワイト×レッド×グリーン、22.5cm~31.0cm
  • 49:ブラック×レッド×グリーン、22.5cm~31.0cm

の全8色が展開されており、今回は『09:ホワイト×ブラック』を選択しました。

ローカットとミドルカットに違いだけでなく多くのカラーバリエーションが選べるため、間口の広いバレーボールシューズとなっています。

『ウエーブライトニング Z7』はかなり派手で目立つデザインとなっています。今回選択したカラー『ホワイト×ブラック』は比較的シンプルですがもっと派手なカラーがほかにあります。

『ウエーブライトニング Z7』はクッション性・反発性向上のためミッドソールの母指球部とインソールに「ミズノエナジー(MIZUNO ENERZY)」と呼ばれるソール素材を採用していたり、通気性・軽量性・フィット性・履き心地向上のためアッパー部・靴ベロ部に工夫を凝らした素材や構造が採用されているみたいです。

ウエーブライトニング Z6に採用されていた前足部の外側アウトソールの出っ張りや、ウエーブライトニングシリーズ伝統の立体的な後足部の構造も引き続き採用されています。過去シリーズの特徴を踏襲した設計となっています。

ウエーブライトニング Z7 重さ

重さは実測280g(左片足26.0cm・靴紐あり)と、一般的なバレーボールシューズの重さとなっています。

実際に履いてみた

ウエーブライトニング Z7 着用イメージ

履き心地に関しては「ペラペラ」「ゴツゴツ」感を若干感じました。具体的には前足アッパー部の素材が薄く足にダイレクトに当たっている感触、中足部裏側の盛り上がり感、靴紐の締め上げ感といったところがやや強く表れているといった印象です。

アッパー部がかなりタイトな設計になっているためフィット性がやや高く感じました。また、通気性に関しては一般的な感じです。

ウエーブライトニング Z7 屈曲性

グリップ性についても一般的な感じですが、かかと部のアウトソールが若干劣化しやすそうな雰囲気の素材なので少し様子見が必要かもしれません。

反発性については非常に素晴らしく、とても反発してくれるバレーボールシューズに仕上がっています。足の動きを床にダイレクトに伝えられてレスポンス高く動くことができそうです。一方、クッション性については足裏全体にクッションがあるというよりも前足部と後足部にメリハリよくクッションが配置されているような印象で、トータルで見れば標準的なレベルなのかなぁといったところです。

アッパー部の素材が薄い影響かはわかりませんが、左右の安定性は若干弱めなのかな…と思ったんですが前足部外側に小さく出っ張ったアウトソールのおかげで外側方向への安定性がやや強く、トータルで見れば一般的なレベルかなといったところです。また、屈曲性についてはアッパー部の素材が薄めな影響でやや曲げやすいような印象を持ちました。


『ウエーブライトニング Z7』のテーマとして「スピードモデル」「ウイングスパイカー・オールラウンダー向き」「クッション性・軽量性」などがありますが、反発性が極めて高くて動きやすさには優れているんですがクッション性や軽さなどの性能については標準レベルであり、オールラウンダー向きなバレーボールシューズに仕上がっているような印象を持ちました。以上の点から総合評価は星3(★★★☆☆)といったところです。

まとめ:反発性が高くて動きやすいバレーボールシューズ

『ウエーブライトニング Z7』の総評としては、

動きやすくてレスポンスの高いバレーボールシューズといった評価です。

動きやすいシューズを探している人におすすめです。


履き心地

■■□□□(2/5:あまり良くない)

フィット性

■■■■□(4/5:ややフィットする)

通気性

■■■□□(3/5:普通)

グリップ性

■■■□□(3/5:普通)

クッション性

■■■□□(3/5:普通)

反発性

■■■■■(5/5:とても反発する)

安定性

■■■□□(3/5:普通)

屈曲性

■■■■□(4/5:やや曲げやすい)

軽さ

■■■□□(3/5:普通)

価格
※メーカーカタログ値

■■□□□(2/5:やや高い)

総合評価:★★★☆☆(3/5点)

ウエーブライトニング Z7 アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次